仮想通貨「XP」がゲームプラットフォーム「Steam」で経験値的にゲットできる仕組み!

2018年6月8日

仮想通貨XPがSteamでもらえる仕組み
SarahRichterArt / Pixabay

経験値として使用されることをコンセプトにした仮想通貨XPが、
本当にゲームプレイの経験値(プレイ時間?)としてもらえる!?というニュースが飛び込んできました(2018/6/6時点の情報です)。

わお!
すごいニュースですね!

ちょっと、上の記事のGoogle翻訳を引用しましょう。

↓↓↓

昨日の時点で、Ladderのサインアップを完了したXPコミュニティのメンバーは、Steamアカウントでプレイするすべてのゲームに対してXPで支払われ ます 。 これは、Steamを介してTWENTY THOUSAND以上のゲームでプレイ時間にXPを獲得できることを意味します。 現在のゲームとよく似ていますが、時間の基準を満たしている限り、3時間ごとに配当を受けることになります。
https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.com&sl=en&sp=nmt4&tl=ja&u=https://medium.com/experience-points-official-xp/earn-xp-from-steams-entire-library-b1f89023ebec&xid=17259,15700021,15700124,15700149,15700168,15700173,15700186,15700191,15700201&usg=ALkJrhh6iGFu6scgJS5Xokbc3FlZ4YuJWg

ふむふむ、なるほど……。

XPとは

個人的に草コインの代表!(っていうと怒られちゃうかな?)おなじみXPさん。

「経験値」←これを定量評価したり、そのようなあらゆるサービスに対しての利用を目指したコンセプトが特徴。と解釈しております。

自分はWindowsよりもこっちが思いうかぶようになっちゃいました。

良くも悪くもPoS

特定の条件でウォレットにXPをたくさん入れておくと、時間経過でXPが増える……的な仕組みと解釈しています。

この宇宙で個体が経験できる事象に対して「経験値」とまるでゲームのように表現したときから、それが大量に必要なことは自明の理だった!
か、どうかは知りませんが、この「Proof of Stake(PoS/プルーフオブステイク)」という、コインを増やす仕組みで相場は影響を受けているとか、受けていないとか…。

XPCのプロジェクトが始まった経緯にも、かなり深く影響していそうです。

↓以前の記事もどうぞ↓

Steamとは

世界でも最大級のゲームプラットフォーム。
PC、MAC、スマホ、TVと各種端末にサービス対応。

コミュニティで交流したり、ゲームを作って公開したりもできます。
さらに!日本の有名なゲームタイトルも登録されています。

もともとXPは、Steamの一部ゲームでゲットできたり、
逆にSteamで使えるクレジットをXPマーケットで販売していたり(現在は不明)と結びつきは強かった模様。

Steamで遊べる日本のゲームどんなのがあるの?

モンハン、FF、バイオハザード、メタルギア、ダークソウル、
自分でも知っているゲームがたくさん!

Steamのゲーム支払い方法は?

いろんな方法があるそうで、コンビニからでもクレカでも可能な様子。

以前はビットコインでも支払いできたそうです。
取引手数料や価格変動を理由に廃止になったとか。

まあSteamウォレットを仮想通貨で買えれば、直接支払えなくても最終的には「仮想通貨で支払った」ってことになりますね(ちょっと違うか……)。

「どうやったらゲームで遊んで仮想通貨もらえるの?」

めっちゃわかりやすい記事です!
Steamのアカウント作成方法から、XPをもらうためのセッティングまで画像入りで説明されている記事です。

「Add GUID’s」にウォレット(ローカルでも取引所でもDiscordでもOK)アドレスを入れとく!

ってことですね。ざっくり。
あとは、どれくらいもらえるのか知りたいですね!

ゲームをプレイした時間は無駄じゃない

個人的にゲームを楽しめる時間が持てることは、心身・経済状況共に豊かな状況を示すバロメーターのように思っています。

ですが、人によっては「無駄な時間」「浪費時間」のような評価もあるかと。
いろいろな理由からそういった評価になるんだと思いますが、
ひとつ「現実との結びつきが希薄なものだから」という側面があるかと思います。

それがここにきてプレイ時間に応じて現実に還元できるサムシングが得られる、という状況が現実のものとなってきました。

これはとても意味のあるニュースだと感じましたね。

まとめ

一応今はプレイ時間ごとだそうですが、Steamアカウントと紐づけて、いろいろなサービス展開などしてもらえるとすごいことになりそう!!

リアルのイベントとして「e-sports」なんて呼称されるゲーム大会系とはまた違った潮流がうまれそうです。

そのうち本当にレディプレイヤーワンの世界がやってきそう!

「俺はガンダムで行く!」って言いてえええ!

スチームさんでもVR対応ゲームあるみたいですね。

アカウントを利用したシェアプレイや、オンライン対戦ゲームなども当然ある様子。
ここに仮想通貨とかネットテクノロジー&カルチャーとか結びついてくる、と……。

SFの世界が現実になりましたね。

ではでは~。

XPとSteam関連記事などメモ

うおお!すげえ!本当にゲームして通貨がもらえる時代がきたんですね~。

The following two tabs change content below.

稼木真二

都内在住のサラリーマン。 まったりブログをやってます。 テーマが「お金を稼ぐ」だからね、どぎつくなりがち。 まったり感でやわらげたいです。